ウエディングドレスレンタルの基本

 結婚式の会場と日取りが決まったら、ウエディングドレス選びはすぐに始めることができます。一般的には挙式や披露宴の日付の半年ほど前にはドレス選びを始めると言われています。レンタルドレスの場合では次のような手順でドレスを予約することになります。第一に、レンタルドレスショップに出向いて、サイズを測り試着をします。この時にウエディングドレスにはどのような種類があるのか、動きやすいか、などを確認すると良いでしょう。次に、試着を行った上で気に入ったドレスの「仮予約」をします。その後にもっと良いドレスが見つかっても仮予約なので変更が可能な場合がほとんどでしょう。ただし、レンタルドレスの場合には挙式や披露宴当日だけでなく、クリーニングやメンテナンスのためにその前後の日程も抑えておく必要があります。仮に日曜日が挙式だとします。そうすると、前日の土曜日と翌日の月曜日にレンタルの予定がはいっているドレスはレンタルすることができません。人気のあるドレスは流行や時期によって偏る傾向にあるので、挙式や披露宴の会場よりも空き日程が厳しいことも少なくないでしょう。特に、ジューンブライドの6月には非常に厳しい競争にあるドレスも多いでしょう。また、結婚式の偏りのある春、秋などのシーズンに挙式や披露宴を行いたいと考えている花嫁の方は大変多いとされています。人生一度切りの結婚式にどうしても自分好みのウエディングドレスをレンタルしたいという場合には、可能な限り早めにレンタルの予約をしたほうが良いと思います。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *