30代のドレスの選び方

「ついこの前まではアラサーで何とか通っていたけれど、もう立派な30代。ドレス選びも考えなくちゃ……。」 と年齢を気にしてなかなかドレスが選べないという30代の方もいるのではないでしょうか?

20代の頃と違い、目をキラキラと輝かせ、ただ楽しそうに好きなものを選んでいれば良い時代は終わったのです。 可愛さだけを強調したコーデではもう戦えないと言っていいかもしれません。

30代に求められるのはずばりオトナな雰囲気。 セクシーさとも言えますが、これをいかに表現できるかがカギになって気ます。 もちろんあまりに演出が激しすぎるのは逆効果になってしまいますので、控えめすぎず、目立ちすぎずの感覚で選んでいきましょう。

花嫁と被ってしまうことから、結婚式に招待されたときのドレスカラーに白を選ばないほうが良いことは知っている方も多いと思います。 30代の場合これに加えてピンクも除外しておきましょう。 20代なら別ですが、30代ともなるとさすがにピンクで出てしまうのは場違いな感じを与えてしまいかねません。

かといって、必ずしもアイビー色とかの青系統でまとまらなければいけないというわけではないです。 ピンクを避ければ大丈夫なので、赤系統で気に入ったものがあれば、それを選びましょう。 またドレス選びの際に、おなかが気になる人もいるかもしれません。 サイズに余裕のあるものを選べば隠すことはできるものの、見栄えが悪くなってしまいます。

メーカーによっては体のラインを引き立たせてくれるバリエーションのものを取り扱っているところもあるので、 いきなり買うのに抵抗がある人にもおすすめなレンタルドレスを一度見て、ピッタリのものを探してみてはどうでしょうか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *