おもてなしの精神

“おもてなしの精神”。昨今、がぜんよく耳にする言葉となりました。 とりわけ 、結婚披露宴をするにあたり、枕詞のように使われていますが、それは 、 料理の飾り付けや会場の装飾を過多に、または華美にして いくことではありません。本当の“おもてなし”とは“心”の問題のはず。 披露宴とは、お世話になったひと、大切なひとびとをお招きし、これまでの感謝、 自分たちの決意を伝え、これからのふたりもどうぞよろしくお願いします、 といったあいさつをする場です。何をどうすればよいかわからない。 装ったら、そんなシンプルな原点に一度立ち返って、背伸びせず、 自分たちらしい想いの伝え方を考えてみてください。 “おもてなし”はスタイルではなく、そう思えば、ゲストひとりひとりの笑顔とともにふさわしい場所や料理、贈り物が自然と目に浮かんできます。そんな時、お気に入りのドレスがほしいですよね。レンタルドレスをかりれば安く手に入ります。披露宴出来るドレスをたくさん用意しているレンタルドレス店はプチラパンがおすすめです。

 

One comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *