憧れのブランド

憧れのブランドを婚約指輪で

一生にたったひとつだけの婚約指輪は、あこがれのブランドのリングがいい、という女性もいます。世界中の王室や著名人たちにもファンが多いような宝石店のリングを一生の記念として持ちたい、というのもわかります。「クリスマス・プレゼントはティフアニーでなきゃいや」といって男の子たちを宝石店に走らせたわがまま娘たちが、婚約指輪で独身最後のわがままを聞いてもらっているのかもしれません。こうした一流の宝飾ブフランドのリングを婚約指輪にする傾向は年々増えています。確かに長年愛されてきたこれらのブランドの定番のデザインは、いつまでも飽きのこないセンスが感じられます。

「ヴアン・クリーフ&アーペル」「ショーメ」「ブシュロン」「プルガリ」「メレリオディレー」「モーブッサン」「ティフアニー」「ジヤンニ・カリタ」「へネル」「ジヤンマリア・プチェラッティ」「デビッドモリス」世界の一流宝石店のほとんどが日本にも支店を出したり、百貨店などの一部にコーナーをもっています。日本よりもずっと昔から宝石に馴染んできたヨーロッパの伝統からしでも、個性的なデ、ザインはやはりヨーロッパのほうがよいというのもうなずけますね。海外旅行で欧米の豊富なデザインのジュエリーに魅せられたという女性にも、国際都市・TOKYOの宝飾庄は十分魅力的に映るはずです。

もちろん日本の宝飾店だって世界にひけをとりません。日本の宝飾の繊細な加工技術は、世界的にみてもかなり高水準にあります。「ミキモト」「和光」「岡崎真珠」「審美堂」などをはじめとして、老舗の貫録は健在です。母親の時代から信頼できる店だから、お姑さにも受けがいいようです。