婚約指輪

婚約指輪は男性と女性とで一緒に選ぶべき物。という考え方を発表しました。今となってはあたりまえのことですが、この時はじめて発表された考えだったのです。婚約指輪は一昔前なら、仲人さんや母親が同行して、予算を優先させて買うということが普通でした。男が宝石店に入るというのは抵抗があったものらしいのです。ところが今は、男性と女性のカップルで行くのが圧倒的に多いといえます。昔は、デザインに対するこだわりが今ほどなく、もっぱら石の大きさでその財力を誇示するということが重要視されていました。限られた予算内で最も大きな石を求めていたようです。そして婚約指輪というのはたんすの奥に大切にしまっておくもので、普段はあまりつけて楽しむというものではありませんでした。

このごろは、ジュエリーで身を飾ることが日常的になり、結婚式やパーティな婚約指輪をつける機会も増えています。贈る側である男性が納得でき、つける女性に似合う品であることが選ぶ時の第一条件です。ですからふたりで見て、になっています。ふたりで選ぷというパターンになっています。ポケットからおもむろに指輪をとりだして「受け取ってください」なんて言われでも、それで喜ぶ女性は少ないでしょう。あるいは、男性が捨て身の「あたって砕けろ」的なプロポーズといった場合でしょうか。人にもよりますが、そんなおしつけがましいのってあんまりうれしくないですよね。それに、そんなふうにして急にもらったリングが婚約指輪とは思わずに、単なるジュエリーのプレゼントだと軽くとられてしまうかも。

婚約指輪はこういうのが欲しい、と女性だったらひとつやふたつの思い入れがあることでしょう。男性が勝手に決めてしまわないで女性に選ばせるべきです。最近の傾向として重要視されているのは、石の大ききや値段もさることながら、まず、デザイン。気に入ったデザイン・品質であれば、少々高くてもいいという高級化志向が婚約指輪にも現れています。婚約指輪を決定する際の要素は、まず女性が気に入る、その人に似合ったデザインであること。そして品質と保証。最後に価格という順番で決められるようです。

では、若い人の宝石を見る目は、年配の方と比べて劣らないのでしょうか? 老舗宝飾店の人に聞いてみると「最近の若い方々の宝石に対する認識は高いですね。ジュエリーに対するセンスも洗練されてきていますという返事。

今は、海外旅行が一般化し、大学生の卒業旅行で外国に行くのもあたりまえになってきています。学校を卒業後は、会社に勤め、年に数回の海外でのバカンスも常識。そして昨今のジュエリーブームが彼女たちの関心を旅先でも宝石に向かわせました。海外で世界的に有名なブランドの素晴らしい品々を見てきています。こうして本物に触れる機会が多ければ当然、それを見る目も確かになっているといえます。

ひとつ気をつけたいことは、婚約指輪、ではあまりしないと思いますが、女性同士の集団で買いにいかないこと。また、展示会会場などでの集団の雰囲気にも注意してください。女性同士の集団は、時に見栄の張り合いに陥りやすいもの。大切な宝石を集団心理に惑わされて安易に購入するのは愚かなことです。宝石は、決して衝動買いをすべきではありません。じっくりと比較検討して価値を見定めてから手に入れてください。

婚約指輪は無理して高価な物を買ったとしても相手は喜ばないという代物。贈る相手はこれから生活を共にするのだから。ふたりが、自分たちに無理のない値段のリングを満足のいくようにセレクトすれば、値段以上の価値がそこに生まれるはずです。ショーケースに飾られていたリングは、愛する女性の指に飾られたときに本当の輝きを放つことでしょう。