レンタルドレスの注意点

服は新品ではない:

レンタルドレスはみんなが利用します。自分がレンタルする前にその洋服を着ている人がいます。知らない人が着た服を着ることに抵抗がある方には向かないかもしれません。また、何度も着られた服であれば色落ちしていたり、洋服のハリが失われていたりするかもしれません。

着たい服を着られない場合も:

人気のドレスであれば予約が殺到することもあるのでなかなか借りなれないこともあります。自分に合ったサイズを取り揃えていないこともあるというデメリットもあります。

気に入っても手に入らない:

購入した服と違って、レンタルでは気に入った服があっても自分の手元に置いておけるのは数日間です。もう一度その服を着たいと思った場合は再度レンタルしなければなりません。

試着できない場合もある:

オンライン型のレンタルドレスショップでは試着や返品・交換サービスを行っていないところもあります。商品が手元に届くまで実物を確認できないので、思っていたものと違う、サイズが合わないなどという問題も起こり得ます。

弁償のリスク:

誤ってレンタルした洋服を汚してしまったり、傷つけてしまった場合は弁償しなくてはならない可能性も出てきます。そうなると結局購入した方が安かったなんてこともあり得るので要注意。