ウエディングドレスは購入すべき?レンタルすべき?

ウエディングドレスを購入するかレンタルするか迷われる方も多いでしょう。ウエディングドレスの購入にもフルオーダーといってデザイン・布地・サイズ全てを自分のオリジナルで作ることのできる方法と、セミオーダーといってすでに作られたドレスを元にサイズ・素材・デザインにアレンジを加える方法と、売られているものを購入する3パターンがあります。フルオーダーであれば自分のために作られた世界で唯一のウエディングドレスを着ることが出来ます。セミオーダーでも自分の体形にぴったり合ったドレス、アレンジ次第では自分だけのドレスに変えられます。既成のものを購入する場合はラインナップが幅広く、早く手元に置ける特徴があります。もちろん既製品の購入、セミオーダー、フルオーダーと価格は上がっていきます。また、購入したドレスの保管やクリーニングも考えなくてはなりません。

ウエディングドレスのレンタルのメリットはなんといっても安さです。ウエディングドレスを購入すると100万円以上かかってしまいますが、レンタルであれば20万程度に抑えられます。厄介なドレスの保管にも気を取れらずに済みます。ドレス購入の場合よりもドレスの取り扱いが豊富なことも多いので幅広い選択肢からドレスを選ぶことが出来ます。ただし、結婚式場によっては提携ショップ以外からの持ち込みには料金がかかってしまう場合があるのでチェックしておく必要があります。